MENU

兵庫県尼崎市 携帯電話で頻繁に話をしています

2020年7月19日

兵庫県尼崎市の浮気調査事例

依頼者は兵庫県尼崎し在住、40代の既婚女性。(結婚18年目)

 

「尼崎市昭和通で自営業(ラーメン店)を営む夫が最近、携帯電話を手放さなくなり誰かと頻繁に電話をしています。浮気をしているのかも知れないので調べてください。場合によっては離婚も考えています。」との相談で、夫の浮気調査依頼である。

また、依頼者は以前にも探偵・興信所の利用経験がありその際の調査においても対象者(夫)は浮気をしていたという。当探偵社のシステムや浮気調査、費用や調査の進め方など詳しい部分まで説明させていただいた上での調査契約となった。

調査当日は対象者(夫)が「店を早く閉め、17時頃から店の常連客と尼崎市西難波町にあるボーリング場に行く」と連絡しており依頼者が指定された16時より対象者(夫)の営む勤務先(ラーメン店)付近で調査を開始することになった。

30分後、店を閉め出てきた対象者(夫)は停めていた車に乗り阪神尼崎駅方面へ走り出した。調査員は尾行を開始する。10分後、阪神尼崎駅前で車を停車させ誰かを待っている様子の対象者(夫)。5分後、駅構内から一人の50代男性が対象者の車に近寄り助手席に乗り込んだ。車は走り出し国道2号線を東へ向かって走り出した。走ること7分後、尼崎市西難波町にあるボーリング場に入る対象者と男性。店内において対象者(夫)と男性以外に女性の姿はなく二人は2時間ほど遊んでいた。店から出てきた二人は車に乗り込み国道2号線を走り阪神尼崎駅方面へ向かう。20分後、阪神尼崎駅で男性を降ろした対象者(夫)はそのまま自宅へ帰宅する。依頼者に連絡後、この日の調査はここで終了。

後日、依頼者から聞いた話によると対象者(夫)が頻繁に連絡を取っていた相手は常連客の男性だったことが判明し趣味であるボーリング場へ月2、3回程度二人で通っているとの事だった。依頼者は浮気をしていなかったことに安心していた。

※この内容は実際の調査にあった例をもとに書いたフィクションです。


人気記事

ガルエージェンシー尼崎北

探偵ブログ記事

 

お問い合わせ
調査項目
探偵のガルエージェンシー尼崎北へのよくあるご質問

あなたはどちらを望む? やり直ししたい方 離婚したい方

総合探偵社ガルエージェンシー本社

探偵学校

YouTube 調査までの流れ

  • ガルが選ばれる理由

  • どのように探偵社を選べばいいの?

  • 迷っているあなたへ

  • 面談の様子

  • 調査の打ち合せから報告まで


© 2021 探偵ガルエージェンシー尼崎北 All rights reserved.